ホーム > 埼玉県警について > 各警察署の連絡先 > 寄居警察署 > テロを許さない街づくりのために

ここから本文です。

更新日:2018年8月9日

テロを許さない街づくりのために

寄居警察署テロ対策ネットワーク定期協議会の開催

平成29年6月30日に寄居警察署テロ対策「彩の国」ネットワークを設立し、平成30年8月6日に定期協議会を開催しました。

今年は県立寄居城北高校の女子陸上部員がブータンの全国大会に出場し、その状況が報告されました。

来年、再来年と目前に控えているラグビーワールドカップ、東京オリンピック・パラリンピック成功に向け、官民一体となり、「安全で安心して暮らせるまちづくり」を推進していきます。

寄居警察署の取組

寄居警察署では、平成29年6月30日(金曜日)、寄居町内等の13の行政機関・民間事業者・関係団体等からなる寄居警察署テロ対策「彩の国」ネットワークを設置しました。

寄居町では2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピックに出場予定のブータン王国選手の事前キャンプ地として協定を締結し、ホストタウン登録をしたことから、テロ対策ネットワークを設置したものです。

オリンピック・パラリンピック・ラグビーワールドカップの成功に向けて(テロ対策「彩の国」ネットワーク)

官民一体となったテロ対策の推進

世界の注目を集めるオリンピックは、テロリストにとって格好の標的となります。

日本を標的にするメッセージを発するなど、テロの脅威は増しています。

寄居警察署では皆さまのご協力のもと各種の対策を講じ、今後は、ネットワークを通じたテロ対処訓練等を実施していくなど、官民一体となり「テロを許さない安全な街づくり」を推進していきます。

集合写真