ホーム > 埼玉県警について > 各警察署の連絡先 > 川越警察署 > 川越警察署振り込め詐欺被害発生状況

ここから本文です。

更新日:2018年3月26日

川越警察署振り込め詐欺被害発生状況

平成30年中の川越警察署における特殊詐欺認知及び被害の水際防止状況

(平成30年1月23日現在)

認知状況

被害認知件数7件、被害額2,020万円

オレオレ

架空請求

融資保証

還付金

その他

合計

7件

0件

0件

0件

0件

7件(1件)

()内は未遂件数

水際防止状況

防止件数18件、防止額1,254万円

金融機関

コンビニ

家族・親類

知人・友人

警備員

タクシー

警察官

その他

10件

5件

1件

1件

0件

0件

0件

1件

 

現金手渡し詐欺の発生~長男を騙り現金を要求~

  1. 被害者
    川越市居住・無職79歳男性
  2. 被害金額
    現金1,000万円
  3. 概要
    平成30年1月8日午後9時40分ころから数回にわたり、被害者方に長男を騙る男から「株で失敗して2,000万円損した」「友人と二人で証券会社で運用していた」「友人は、投資に自分の会社の金を使っていて、それを俺が唆したといわれている」「1,000万円何とかならないか」などと電話があり、誤信した被害者は、翌9日午後1時50分ころ、東京都板橋区内の駐車場で、弁護士を騙る男に現金1,000万円を手渡したもの。

平成29年中の埼玉県内及び川越市内の振り込め詐欺被害件数(未遂を含む)

(平成29年1月1日から平成29年12月31日)

 

オレオレ

架空請求

融資保証

還付金

合計

埼玉県内

809件

231件

17件

166件

1,233件

川越市内

27件

5件

1件

7件

40件

被害多発傾向の手口

  • 警察官、金融庁、銀行(銀行協会)、デパートの職員を装ってキャッシュカードをだまし取る

(1)警察官やデパート店員などに成りすまして

  • 個人情報が洩れている
  • カードが使われている

などと嘘を言って騙します。

(2)金融庁や銀行協会などの職員に成りすまして

  • 残高を確認します。キャッシュカードの暗証番号を教えてください。

などと嘘を言い、キャッシュカードの暗証番号を聞き出します。

(3)金融庁や銀行協会などの職員に成りすまして自宅を訪れ

  • 新しいカードに交換します。

などと嘘を言い、キャッシュカードをだまし取ります。

※警察官に成りすます場合

  • キャッシュカードを確認させてください。

などと言い、隙を見てキャッシュカードを盗みます。

詐欺被害に遭わないために電話機の対策をしましょう

犯人の多くは、電話をかけるときに、

  • 非通知
  • 「050」から始まるIP電話

で電話をかけてきます。

電話のナンバーディスプレイや留守番電話機能を活用し、非通知や登録されていない電話番号には出ないようにすることで、被害を防ぐことが出来ます。

もし、電話を受けてしまったら、「折り返し電話をする。」と伝えて、いったん電話を切りましょう。

身内以外の場合は、会社名、部署名、担当者名を確認しましょう。

相手が、

  • 身内を名乗った場合は、自宅(固定局)や把握している携帯電話番号に電話をかける
  • 警察や銀行、デパート、会社を名乗った場合は、電話番号案内などを利用し、電話番号を確認する

ことで、被害を防ぐことができます。

お問い合わせ

川越警察署 

電話:049-224-0110