ホーム > 埼玉県警について > 活動報告 > 警察署協議会の活動概況 > 武南警察署協議会開催概要 > 平成29年第4回武南警察署協議会開催概要

ここから本文です。

更新日:2018年2月14日

平成29年第4回武南警察署協議会開催概要

開催日

平成29年12月8日(金曜日)

開催場所

武南警察署会議室

出席者

協議会委員:会長以下11人

警察署:署長以下7人

議事概要

報告

警察署から、次のとおり報告があった。

1.前回答申事項「振り込め詐欺防止対策」に対する業務推進状況

  • ミニ広報紙、警察署ホームページ、川口市メールマガジン等を活用した情報発信を実施
  • 巡回連絡による注意喚起を実施
  • 関係団体と協働し、警察署独自に作成したチラシの活用によるキャンペーンを実施
  • 新聞店に対して、新聞折り込みによるチラシの配布を協力依頼
  • 自治会長あてに注意喚起文を送付したほか、無人ATMに対するパトロールを実施
  • 各種会合の機会を活用して、防犯講話を実施したほか、自治会等と協働して戸別訪問による注意喚起を実施
  • 会合等において、自宅固定電話の留守番電話サービスやナンバーディスプレイを推進するなど、防犯指導を実施
  • 金融機関に対して、振り込め詐欺防止訓練を実施したほか、防犯講話を実施
  • コンビニエンスストアに対して、声掛けボードの活用を依頼するなど未然防止対策を推進

2.平成29年1月から8月までの業務推進結果

  • 犯罪発生状況
  • 交通事故発生状況
  • 少年非行の現状と非行防止・地域安全活動
  • 街頭犯罪等の抑止状況
  • 署員の表彰事例紹介

諮問

署長から、

  • 交通事故抑止対策

に関し、住民の視点に立った意見について諮問があった。

答申

協議会から、次のとおり答申があった。

  • 交通事故多発地域等における交通取締まりを実施してください。
  • 高齢者、小中学・高校生等をはじめとするあらゆる世代に対する交通安全教育や啓発活動を推進してください。
  • 地域や各種協力団体と連携した交通事故抑止活動を推進してください。

意見、要望

委員から、

  • 今年発生した交通死亡事故の発生日時、場所等詳細を教えてください。
  • 交通事故死傷者学齢層別で高校生が増加していますが、事故発生の多い時間帯はいつなのでしょうか。
  • 万引きが増加しており、高齢者による犯行が多いと伺いましたが、高齢者による事件はどれくらいあるのでしょうか。
  • 高齢者による万引きでは生活苦のかたが多いのでしょうか。
  • 県下の交通事故死者数は全国ワースト2位とのことですが、年齢層や事故形態で多いものを教えてください。
  • 自転車盗が多いと伺いましたが、駐輪場にある自転車の被害が多いのでしょうか、あるいは路上に駐輪している自転車の被害が多いのでしょうか。
  • 自転車利用の際、車両とすれ違う際に怖い思いをしたことがあるので、自転車と車道を区別するなど道路環境の整備を進めてほしいと思います。
  • 自動車運転中に道路舗装が荒れた場所で、自転車の高齢者が転倒し接触しそうになったことがあったので、順次道路環境の整備をしてください。
  • 生活道路でも高速度で走行する車両が多いことから、幹線道路だけでなく生活道路での交通取締りを多く実施してください。
  • 高齢者の斜め横断など交通規範意識が低い方もいるので、交通安全教育をさらに推進する必要があると感じました。
  • 歩行者、自転車の交通マナーの低下や高齢者の身体能力、危険予知能力の低下により事故が発生するので、学校や町会での指導をお願いします。
  • その地域での事故の年齢、形態、道路環境、違反形態などは地元住民がよく知っているので地域の意見を吸い上げてみてはいかがでしょうか。
  • 学生は登下校時に事故に遭うことが多いと伺ったので、見せる交通取締りを実施して、事故防止を図ってはいかがでしょうか。
  • 自動車の速度超過は避けられる事故も避けられなくなることから、交通取締りによる実勢速度の抑止が必要だと思います。
  • 看板等を設置して飲酒運転撲滅の注意喚起をしてはどうでしょうか。
  • 同じ人が自転車で右側通行を何度もしていることから、同じ場所に警察官を駐留させて指導、取締りをしてはいかがでしょうか。
  • 交差点を明るくすると事故抑止につながるのではないでしょうか。

等の質問及び発言があり、警察署から質問について説明があった。

お問い合わせ

武南警察署

電話:048-286-0110