ホーム > 埼玉県警について > 活動報告 > 警察署協議会の活動概況 > 川口警察署協議会開催概要 > 平成29年第1回川口警察署協議会開催概要

ここから本文です。

更新日:2017年2月22日

平成29年第1回川口警察署協議会開催概要

開催日

平成29年2月15日(水曜日)

開催場所

川口警察署会議室

出席者

協議会委員:会長以下11人

警察署:署長以下8人

議事概要

報告

警察署から、次のとおり報告があった。

1.前回答申事項「自転車・高齢者を重点にした総合的な交通事故防止対策推進方策」に対する業務推進状況

  • 冬の交通事故防止運動において、高齢者の活動時間帯に合わせた街頭キャンペーンを実施したほか、関係団体と協働してシルバー・ドライバードックを開催
  • 通勤時間帯における自転車利用者に対する交通指導を強化したほか、薄暮時間帯における交通監視活動等を実施
  • 管内の小学校4年生を対象にした交通安全教育を実施したほか、同受講者らに子供自転車運転免許を交付
  • 管内の公民館において、高齢者を対象にした交通安全講話を実施
  • 自治体に対して、自転車条例の早期制定に向けた働き掛けを実施

2.平成28年中の業務推進結果

3.川口警察署重点施策に関する業務推進状況

  • 平成29年埼玉県警察基本姿勢及び重点施策
  • 平成29年川口警察署重点施策に基づく業務推進状況

4.署員の表彰事例紹介等

  • 平成28年中の表彰件数及び主な表彰事例紹介
  • 署長表彰授与に伴う感想発表

諮問

署長から、

  • 平成29年川口警察署重点施策に基づく業務推進方策

に関し、住民の視点に立った意見について諮問があった。

答申

協議会から、次のとおり答申があった。

  • 全ての項目に共通して、警察と自治体、関係機関・団体、地域住民等との連携を一層強化して各種対策を推進してください。
  • 既存の地域自主防犯活動団体等をきちんと把握し直し、それらの団体等と警察の目標や情報を共有するなど、警察以外の団体等を効果的に活用して推進してください。
  • 交通事故の抑止については、現在の各種対策を継続して推進することはもとより、小さな子どもを持つ親に対する交通安全教育を推進するなど、工夫を凝らした対策を推進してください。

意見、要望

委員から、

  • 前回答申事項に対する業務推進状況の報告を受けたが、たいへん素晴らしい結果であったので、このまま継続してほしいと思います。
    なお、高齢者や自転車が関係する交通事故を減らすためにキャンペーンを実施したとの報告を受けましたが、大切なことはキャンペーンの回数ではなく、そのキャンペーンを実施したことにより何人くらいの方々に趣旨が浸透したのかであると思うので、以後はそのような視点から報告してもらいたいと感じました。
  • 平成28年中の各課業務推進結果の報告を受けたが、地域課の巡回連絡の戸数が減っていることが気になりました。地域住民と交番の関係はとても大切だと思うので、今後も頑張ってほしいと思います。
  • 治安を維持するためには、警察と各種団体等が連携することはもとより、住民の交通安全意識や防犯意識等を高揚させ、一人一人に自己防衛を促すことも大切だと思うので、地域住民に対する広報啓発活動を一層強化してください。
  • 外国人との共生対策について、県と県警、市と川口警察署との連携状況等について教えてください。
  • 川口市並木1丁目4番8号先交差点については、車両の交通量が多いなど、非常に危険であり、以前から信号機の設置を要望していますが、その進捗状況について教えてください。

等の発言及び質問があり、質問に対して警察署から回答があった。

お問い合わせ

川口警察署

電話:048-253-0110