ホーム > 運転免許 > 運転免許センターのご案内 > 運転免許センターにおける新型コロナウイルス等の感染予防対策

ここから本文です。

更新日:2020年12月9日

運転免許センターにおける新型コロナウイルス等の感染予防対策

運転免許センターには、連日多くのかたが運転免許証更新手続等に訪れています。

来庁されるかたは、新型コロナウイルス及びインフルエンザの感染予防にご協力をお願いします。

マスクの着用

来庁の際は、感染症防止のため必ずマスクの着用をお願いします。

アルコール消毒や手洗いの励行

来庁の際は、庁舎出入口付近設置のアルコール消毒液の利用や手洗いの励行をお願いします。

体調が悪いと感じた場合

体調のすぐれないかたは、来庁を控えていただくようお願いします。
また、運転免許センターの正面入口では、サーモグラフィーを設置し来庁されるかたの体温を測定しています。発熱を感知した際は、その日の手続をご遠慮いただく場合があります。
来庁時に体調が悪いと感じた場合は、速やかに付近の職員にお声かけください。

延長措置について

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、運転免許証の有効期間の末日(すでに延長手続を行っているかたは、延長後の有効期間の末日)が令和3年3月31日(水曜日)までのかたは、運転免許が失効する前に申請することで有効期限を3か月延長する措置をうけることができます。窓口は運転免許証更新業務により、混み合うことが予想されるため、郵送による申請をお勧めします。

申請による運転免許証の有効期限の延長について

 

 

お問い合わせ

運転免許課