ホーム > 交通安全 > 交通規制 > ゾーン30

ここから本文です。

更新日:2018年3月30日

ゾーン30

ゾーン30とは

生活道路における歩行者等の安全な通行を確保することを目的として、区域(ゾーン)を定めて最高速度規制を実施するとともに、その他の安全対策を組み合わせて実施します。

交通規制

最高速度規制は主に個別の路線に対して実施していますが、ゾーン30においては区域内のポッポくんイラスト道路全てに対して最高速度30km/hの交通規制を実施します。

安全対策

区域内は歩行者の通行を最優先とする安全対策を実施するとともに、自動車の速度抑制や歩行者イラスト区域内を抜け道として通行する行為の抑制等を図る対策を実施します。

なぜ30km/hなのか?

自動車の速度と歩行者の致死率に関するグラフ

グラフのとおり、自動車と歩行者が衝突した場合、自動車の速度が30km/hを超えると、歩行者の致死率が急激に上昇します。このため、生活道路を走行する自動車の速度を30km/h以下に抑制することとしたものです。

なぜゾーン(区域)なのか?

生活道路の交通安全対策の多くは、同じ区域でも交差点(点)や道路(線)の問題を個別に扱って、安全対策を行ってきました。

区域内の交通問題イメージ

ゾーン30の対策イメージ

ゾーン30対策イメージ

 

これまでに実施した安全対策

下記のリンクから県内で実施している安全対策などの写真を見ることができます

ゾーン30の安全対策事例

県内のゾーン30

下記のリンクから県内のゾーン30を市町村ごとに確認できます

ゾーン30規制マップ


 

お問い合わせ

交通規制課 

電話:048-832-0110(代表)