ホーム > 交通安全 > その他規則等の改正情報 > 道路標識、区画線及び道路標示に関する命令の一部改正(平成30年12月14日施行)

ここから本文です。

更新日:2019年1月31日

道路標識、区画線及び道路標示に関する命令の一部改正(平成30年12月14日施行)

1.道路標識、区画線及び道路標示に関する命令の一部改正の趣旨

近年の大雪による交通障害の発生を受け、大雪時の立ち往生による車両滞留や交通事故の発生を防止することを目的として、規制標識を追加するものです。

2.改正の概要

「タイヤチェーンを取り付けていない車両通行止め」の規制標識の新設

タイヤチェーンを取り付けていない車両の通行を禁止する意味を表示する規制標識を新設します。

r

タイヤチェーンを取り付けていない車両通行止め標識

3.規制を行う可能性がある気象条件

大雪特別警報や大雪に関する緊急発表が行われるような異例の降雪時に実施される可能性があります。

4.規制を行う可能性がある場所

峠部等で過去に立ち往生や雪による通行止めが発生し、かつ、規制実施区間の前後にチェーン着脱場や待機場が確保されている区間において実施される可能性があります。従来であれば車両の通行止めとなる状況において、タイヤチェーンを取り付けている車両のみ通行を可能とするものです。

5.チェーン規制区域

下記のホームページで確認できます。

国土交通省ホームページ(別ウインドウ)

お問い合わせ

交通規制課 

電話:048-832-0110(代表)