ホーム > 交通安全 > 交通事故防止 > 運転者の心構え > 信号機のない横断歩道における歩行者優先等の徹底

ここから本文です。

更新日:2018年11月8日

信号機のない横断歩道における歩行者優先等の徹底

1.目的

自動車対歩行者の交通死亡事故の大半が道路横断中に発生しており、信号機のない横断歩道での交通死亡事故では、自動車の横断歩道手前での減速が不十分なものが多発していました。

そこで、県警では、運転者に対し、横断歩道における歩行者優先を徹底するとともに、歩行者に対しても横断歩道付近等における交通ルールを指導し、横断歩道における交通死亡事故の抑止を図ります。歩行者横断

2.強化期間

平成30年11月22日(木曜日)から平成30年11月28日(水曜日)までの7日間

3.推進事項

(1)横断歩道に関わる交通ルール遵守に向けた各種広報啓発活動の強化
(2)横断歩行者等妨害等に対する指導取締りの強化

4.運転者の方へ

横断歩道の手前で速度を落とし、横断歩道を渡ろうとしている歩行者がいる場合は必ず一時停止しましょう。

5.歩行者の方へ

無理な横断はやめ、横断歩道を渡りましょう。

6.県民の皆様へ

オリンピック・パラリンピックに向けて、外国からのお客様もみんなが安心して道路を横断できるような環境を作りましょう。

お問い合わせ

交通総務課交通安全対策推進室

電話:048-832-0110(代表)