ホーム > 暮らしの安全 > 薬物犯罪 > LSD

ここから本文です。

更新日:2014年12月25日

LSD

LSDとは何ですか。使用するとどのようになるのですか。

LSDは、合成麻薬の一種で、「麻薬及び向精神薬取締法」の規制の対象とされ、形状には、錠剤、カプセル、ゼラチン、水溶液を染み込ませた紙片等があります。
LSDを使用すると、幻視、幻聴、時間の感覚の欠如等、強烈な幻覚作用が現れます。特に幻視作用が強く、ほんのわずかな量だけで、物の形が変型、巨大化して見えたり、色とりどりの光が見えたりする状態が8~12時間程度続きます。
また、乱用を続けると、長期にわたって精神分裂等の精神障がいを来すこともあります。

「薬物乱用のない社会を」ページへ戻る

お問い合わせ

薬物銃器対策課 

電話:048-832-0110(代表)