ホーム > 暮らしの安全 > 薬物犯罪 > 大麻

ここから本文です。

更新日:2014年12月25日

大麻

大麻とは何ですか。

大麻とは、アサ科の1年草である大麻草とその製品をいい、「大麻取締法」で規制されいます。
大麻には、大麻草の葉を乾燥させた乾燥大麻(「マリファナ」茶色又は草色)、樹脂(やに)や若芽をすりつぶして固めた大麻樹脂(「ハシッシュ」暗緑色の棒状叉は板状等)、葉や樹脂から成分を抽出した液体大麻(「ハシッシュオイル」粘着性のある暗緑色又は黒色のタール状の液体)があります。

大麻を使用するとどのようになるのですか。

大麻を使用すると、一般的には、気分が快活、陽気になり、よくしゃべるようになるといわれていますが、その一方で、視覚、聴覚、味覚、触覚等の感覚が過敏になり、変調を来したり、現在、過去、未来の観念が混乱して、思考が分裂し、感情が不安定になったりします。このため、興奮状態に陥って、暴力的、挑発的行為を行なうことがあり、さらには、幻覚や妄想等に襲われるようになります。
また、初めての乱用で大量の大麻を摂取したような場合には、意識障がいを伴う中毒性精神病状態となることがあります。
身体的影響としては、吐き気、めまい、筋力の低下、平衡感覚の障がい等が現れるほか、大麻の常用が生殖機能に支障をきたし、不妊、流産、胎児の死亡を起こしたり、染色体異常が現れるとの報告があります。

大麻草

大麻草

乾燥大麻

乾燥大麻

液体大麻

液体大麻

大麻樹脂

大麻樹脂

「薬物乱用のない社会を」ページへ戻る

お問い合わせ

薬物銃器対策課 

電話:048-832-0110(代表)