ホーム > 暮らしの安全 > 薬物犯罪 > 薬物乱用のない社会を > 子供を薬物から守るために

ここから本文です。

更新日:2014年12月25日

子供を薬物から守るために

子供を薬物乱用から守るチェックポイント

薬物乱用の結果のイメージ図

お子さんにこんな行動はありませんか

  • 帰宅が遅くなった
  • 友達関係がよく分からない
  • 金遣いが荒くなった
  • 理由の分からないお金を欲しがるようになった
  • 食事を家族と一緒に食べなくなった
  • 目を合わせて会話をしなくなった
  • 部屋に独りでいることが多くなった
  • 電話やeメールに知らない人から連絡があったりする
  • うそが多くなった
  • イライラしている

覚醒剤などに手を出させないための7ヵ条

  • 子供の思春期特有の心と体の変化について理解しましょう
  • 毎日、家族の会話を大切にしましょう
  • 子供の話には常に耳を傾けましょう
  • 友情を培い、仲間からの悪い誘いを拒否できる勇気を育てましょう
  • 子供が家族や学校の先生にいつでも相談できるようにしておきましょう
  • 子供自身が、健全な決断ができるように育てましょう
  • 家族そろってのコミュニケーションの場を大切にしましょう

「薬物乱用のない社会を」ページへ戻る

お問い合わせ

薬物銃器対策課 

電話:048-832-0110(代表)