ホーム > 暮らしの安全 > 山岳情報 > 野生動物(熊)に注意

ここから本文です。

更新日:2018年10月30日

野生動物(熊)に注意

山には数多くの野生動物が生息していますが、全国的にみても、熊等の動物の目撃情報が寄せられています。

熊等の危険な動物に遭遇せずに安全な登山をできることが一番ですが、たとえ低山であってもそのような動物と遭遇しないとは限りません。

熊との遭遇を避けるため、熊除けの鈴やラジオを携行して、熊に自分の存在を知らせましょう。

熊の襲撃による山岳事故

・平成30年10月13日、霧藻ヶ峰

太陽寺登山口から登山中、お清平手前の登山道において、熊の親子に襲われ、両手を負傷した。

・平成28年10月7日、笠山

笠山付近の山林でキノコ採り中、笠山神社直近の林道で熊と遭遇、襲われそうになり抵抗したところ、熊は山林内を駆け上がり逃走した。

・平成28年8月7日、若御子山

若御山断層群の洞穴を覗き込んだところ、洞穴内に潜んでいた熊に襲われ、斜面を転げ落ちて負傷した。

・平成28年5月23日、両神山

両神山から下山中、のぞき岩付近で熊に襲われ転倒し、仰向けになったところで熊に覆い被され、顔等を引っかかれて負傷した。

kuma


お問い合わせ

地域総務課 

電話:048-832-0110(代表)