ホーム > 暮らしの安全 > 子ども・女性・高齢者の安全 > 少年非行防止 > 思春期の子どもを持つ親へ

ここから本文です。

更新日:2014年12月25日

思春期の子どもを持つ親へ

保護者の方へ

少年非行の背景には、子どもの発するSOSや問題提起に、適切に対応できない「家庭の危機」があると言われています。
このコーナーは、思春期における子どもの心理と行動や、親の対応などについてとりまとめたものです。
今後、子育ての手引きとして活用していただければ幸いです。

目次

Part1:子育てにおける親の心構え(PDF:165KB)

Part2:過渡期の親の心構え(PDF:155KB)

Part3:いじめがあったときの親の対応(PDF:293KB)

Part4:子どもの行動と親の対応

  1. 親に嘘をつくようになった
  2. 「学校がつまらない」とよく口にするようになった
    親に嘘をつくようになった、「学校がつまらない」とよく口にするようになった(PDF:108KB)
  3. 行き先を告げずに外出するようになった
  4. 家族を避けるようになった
  5. 友達が変わった
    行き先を告げずに外出するようになった、家族を避けるようになった、友達が変わった(PDF:154KB)
  6. 言葉遣いが悪くなった
  7. 服装や持ち物が派手になった
  8. 黙ってお金を持ち出すようになった
    言葉遣いが悪くなった、服装や持ち物が派手になった、黙ってお金を持ち出すようになった(PDF:161KB)
  9. タバコを吸っている
  10. 万引きなどで補導された
  11. 薬物を乱用している
    タバコを吸っている、万引きなどで補導された、薬物を乱用している(PDF:183KB)
  12. 家出をした
  13. 家庭内暴力が始まった
    家出をした、家庭内暴力が始まった(PDF:187KB)
  14. 学校をサボっている(怠学)
  15. 学校に行きたがらない(不登校)
  16. 定職にもつかずブラブラしている
    学校をサボっている(怠学)、学校に行きたがらない(不登校)、職にもつかずブラブラしている(PDF:172KB)
  17. 携帯電話やインターネットを使い過ぎている(PDF:129KB)

Part5:子どもを悪くする親の態度9カ条(PDF:258KB)

Part6:思春期の心理と交友

  1. 思春期の心理と行動12ポイント(PDF:300KB)
  2. その仲間集団(PDF:364KB)

Part7:性の問題と親の対応(PDF:350KB)

Part8:子どもの犯罪被害と親の対応(PDF:610KB)

Part9:自殺防止のために(PDF:130KB)

Part10:子どもに悪影響を及ぼす夫婦関係の6タイプ(PDF:183KB)

相談窓口のご案内(PDF:573KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

少年課 

電話:048-832-0110(代表)