ホーム > 暮らしの安全 > 振り込め詐欺 > 郵便局を装った自動音声ガイダンスによる不審電話に注意!

ここから本文です。

更新日:2016年6月24日

郵便局を装った自動音声ガイダンスによる不審電話に注意!

県警察には、郵便局を装った不審電話がかかってきたという情報が多数寄せられています。

この不審電話は、自動音声ガイダンスにより、実在する郵便局名が流れ、プッシュボタンを操作すると、オペレーターから、

  • あなた名義のキャッシュカードが届いている。
  • 心当たりがないなら不正にカードを作られている可能性がある。
  • あなたのキャッシュカードと通帳を預かって調べる。

と、キャッシュカードや通帳を要求されたり、

  • 荷物を届けるので、あなたの住所や氏名などを教えてほしい。

などと個人情報を聞かれるというものです。

被害にあわないために

郵便局では、自動音声ガイダンスにより電話をかけることはありません。

キャッシュカードや通帳を要求されたり、個人情報を尋ねられても、すぐに手渡したり、答えたりせず、110番通報または警察に相談しましょう。

被害防止には、

  • 在宅中でも留守番電話設定にする
  • ナンバーディスプレイ機能や防犯機能付き電話を設置する

などの対策も有効です。

お問い合わせ

生活安全企画課 

電話:048-832-0110(代表)