ホーム > 暮らしの安全 > 犯罪被害者支援 > 「令和元年度犯罪被害者支援県民のつどい」㏌埼玉会館

ここから本文です。

更新日:2019年10月21日

「令和元年度犯罪被害者支援県民のつどい」㏌埼玉会館

11月25日から12月1日までは、「犯罪被害者週間」です。

埼玉県警察では、犯罪被害者等が受けた痛み、命の大切さ、被害者支援の必要性等の理解を深めるとともに、被害者も加害者も出さない街づくりの気運の醸成を図るため、埼玉県及び公益社団法人埼玉犯罪被害者援助センターとの共催により、11月25日(月曜日)に、令和元年度犯罪被害者支援県民のつどいを開催します。

県民のつどいでは、県内の学校から多数の応募により選ばれた、犯罪被害者支援に関する感想文等の表彰のほか、特定非営利活動法人いのちのミュージアム代表理事の鈴木共子さんによる基調講演や、東邦音楽大学によるミニコンサートを行う予定です。

また、場内入口ホワイエにおいては「生命のメッセージ展」を行う予定です。

是非、この機会に、犯罪被害者支援について一緒に考えてみませんか。

皆さまのご来場を心よりお待ちしています。

令和元年度犯罪被害者県民のつどいポスター

令和元年度犯罪被害者支援県民のつどいチラシ(PDF:2,262KB)

開催日時

令和元年11月25日(月曜日)

13時30分から16時30分(開場13時)

場所

名称 埼玉会館小ホール
住所 〒330-0063さいたま市浦和区高砂3-1-4
電話番号 048-829-2471

募集人数

定員500名

入場は自由ですが、お申込みのかたが優先となります。

費用

入場無料

内容

第1部

犯罪被害者支援に関する作文・感想文に対する表彰

(埼玉県知事賞、埼玉県警察本部長賞、公益社団法人埼玉犯罪被害者援助センター理事長賞)

第2部

基調講演「一人息子を交通犯罪で奪われて、今」

講師:特定非営利活動法人いのちのミュージアム代表理事・鈴木共子氏

第3部

ミニコンサート

東邦音楽大学による演奏(ピアノ&サックス)

~生命(いのち)のメッセージ展開催~

犯罪や交通事故等により理不尽に生命を絶たれた方の等身大オブジェ「メッセンジャー」を通して、生命の尊さや他社の痛みを想像することを伝えるアート展です。

場内入口ホワイエにおいて開催します。

ホンデリングにご協力ください~読み終えた本をご寄付ください~

あなたの本のご寄付で、犯罪被害に遭われた方々への支援の輪が広がります。

  • ご寄付いただける本を当日会場へお持ちください。
  • 寄付により得た収益は、犯罪被害に遭われたかたへの支援活動に活用されます。
  • ISBNコード(規格品番)の付いた本をお持ちください。

ホンデリングの詳細(別ウィンドウで開きます)

申込方法

インターネット(県ホームページ(別ウィンドウで開きます)からお申込み可能です。)、電子メール、ファックス又は、ハガキにて

  • 申込者氏名
  • 電話番号
  • 参加人数

を明記の上、下記あて先(公益社団法人埼玉犯罪被害者援助センター)にお申込みください。

あて先

〒336-0027

さいたま市南区沼影1-10-1ラムザタワー3階公益社団法人埼玉犯罪被害者援助センター

電話・ファックス:048-865-7831

メールアドレス:svsc11013@gmail.com

主催者

彩の国犯罪被害者ワンストップ支援センター

(埼玉県、埼玉県警察、公益社団法人埼玉犯罪被害者援助センター)

お問い合わせ

  • 警務課犯罪被害者支援室

電話:048-832-0110(代表)

  • 埼玉県県民生活部防犯・交通安全課

電話:048-710-5036

  • 公益社団法人埼玉犯罪被害者援助センター

電話:048-865-7831


Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

警務課